業務部 業務課 倉庫係 切断班

松本 凌

RYO MATSUMOTO

毎日チャレンジ、毎日発見。
飽きる事がなく仕事が楽しい!

転職活動をしている時に、求人情報を見て「鉄を切断する会社です」と書いてあり、興味を持ちました。鉄って切れるの?どうやって?何で?と。それがきっかけで入社しました。鉄を切断する作業自体はすぐに覚える事ができました。しかし、これがものすごく奥深い!!鉄によって切断スピードを速くしたり、遅くしたり、切断しやすいもの、また切断しづらいものなどいろいろあるんです。どうしたら効率よく正確にできるだろう?と考えて先輩方と相談しながら新しい事にもどんどんチャレンジしていく。以前は工場のラインにのった仕事で、ただ黙々と作業を繰り返していたので、今の仕事は体だけじゃなく頭も使い本当に面白いです!

2年目の大失敗…。
それが糧となり今につながる

実は、入社2年目で全社を巻き込む大失敗をしてしまいました。切断する刃の劣化に気付かず、鋼材を斜めに切ってしまっていたんです…。そのまま納品され、お客様からのクレームで発覚。すべて回収し、再納品しました。現場スタッフはもちろん、営業部の管理職も総動員で作業に当たってミスをカバーしてくれました。なぜあの時、ちゃんとチェックしなかったのだろうとものすごく後悔しましたし、たくさんの人に迷惑をかけた事も申し訳なくて落ち込みました。しかし、この失敗が糧となり、今は細かいチェックも怠りませんし様々な事に配慮しています。また、フォローしてくれる皆さんの温かさにも気づき、現場スタッフだけでなく営業スタッフともコミュニケーションを密にとるようにしています。

自身のある顔の技術職社員

憧れる先輩がいる。身に着けたい技術もある。
やりがいを求めるならこの会社に!

溶接が得意、電気工事に強いなど先輩方はいろんなスキルを持っています。そんな得意な技術を活かして、作業効率を高めるための仕事の道具を作ってくれます。あったらいいな、と思う道具って売っていないしあっても高額。そういったモノをつくりだす技術ってすごいなと憧れますね。また、いかに効率よく正確に鉄を切断するかを日々考えて作業環境を改善していく姿は本当に尊敬します。今は一番年下ですが、先輩たちの姿を見ていると自分も任せられる人になりたい、と思いますね。

切断班の1日

勤務時間 ①常勤8:00~16:45 ②早番6:00~14:45 ③貝塚工場
現場は①②③のローテーション勤務(本社2週、貝塚1週) / 下記①の場合

8:00 現場ミーティング

ミスやクレームがある場合はその原因を突き詰め、解決策を考えます。ベテランも若手も意見を言い合い、しっかりと話し合います。

8:00

8:30 鋼材の切断

営業アシスタントが起票した作業指示書をもとに鋼材を切断します。鋼材の取り扱いには十分注意し、ミスが無いように細心の注意を払います。

8:30

12:00 昼食・休憩

社内の食堂で食べます。

12:00

12:50 鋼材の切断・加工などの作業

営業や現場とのコミュニケーションを密にとり、スムーズかつ安全な作業が行えるよう努めます。また、事前に作業内容、切断量を知る事で作業効率を高めます。

12:50

16:45 退社

残業がないので、仕事とプライベートの両立がしっかりできます。

16:45

OTHER VOICE

CONTACT

各種お問い合わせ